• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

マレーシアのジョホールバルで1997年11月16日に行われたサッカーのワールドカップ(W杯)フランス大会アジア第3代表決定戦で、日本代表がイラン代表に勝利し、翌年開催される本大会への初出場を決めたことを指すことば。→ドーハの悲劇

[補説]試合は2対2でゴールデンゴール方式による延長戦(前後半各15分)に突入。日本代表は後半13分に決勝のゴールを決めた。