• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「スカーミオン」とも》物質中の電子スピンが形成する渦状の磁気構造。物性物理学量子力学の分野で、渦が粒子のように振る舞う準粒子として扱われる。トポロジカル数というスピンの巻き数に相当する物理量により、磁気構造の幾何学的性質が特徴づけられる。1962年、英国の物理学者トニー=スカームが理論モデルを考案。