北マケドニアの首都。同国南部、バルダル川沿いに位置する。バルカン半島における交通の要所で、主要道路や幹線鉄道が通る。鉄鋼業・化学工業・木材工業が盛ん。古代ローマ時代の都市スクピに起源し、7世紀にスラブ人が定住。続いてブルガリア・セルビア・オスマン帝国に支配され、第一次大戦後にユーゴスラビアの一部となった。1963年の地震で壊滅的な被害を受け、丹下健三の都市設計で再建。イスラム寺院ムスタファパシナジャミヤ聖スパス教会などがある。