• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

中世ヨーロッパで、教会・修道院付属の学校や大学を中心として形成された神学哲学の総称。教会の権威を認め、教義の学問的根拠づけを目ざし、13世紀のトマス=アクィナスによって集大成された。スコラ哲学。→新スコラ学