• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

南アフリカ共和国南西部、西ケープ州の都市。ケープタウンの東約50キロメートルに位置する。17世紀後半、ケープ植民地総督シモン=ファン=デル=ステルにより、内陸部開拓の拠点として建設。続いてフランスのユグノー派が入植した。名称は「ステルの森」を意味する。同国を代表するワイン産地の一つであり、近隣のパールフランシュフックなどの産地とあわせてワインランドとよばれる。古くから神学校や大学が置かれた文教都市としても知られる。