Palača Sponza》クロアチア最南端、アドリア海に面した都市ドゥブロブニクにある宮殿。旧市街のルジャ広場に面する。16世紀にドゥブロブニク共和国の税関や造幣局として建造され、後期ゴシック様式とルネサンス様式が混在する。17世紀の大地震にも耐えた。その後、文化人などのサロンとなり、現在は古文書館として利用されている。宮殿がある旧市街は、1979年に世界遺産(文化遺産)に登録された。