• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

タイ西部、ミャンマーとの国境にある峠道。サンクラブリーの北約20キロメートルに位置する。アユタヤ朝時代にビルマ軍のタイ侵攻の際に使われたほか、第二次大戦中、日本軍が泰緬 (たいめん) 鉄道を敷設(現在は大部分が撤去された)。名称は、三つの小さな仏塔が並んでいることに由来する。