• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

通常の酸素分子に電子が1個余計に取り込まれた状態。不安定で反応性に富む。生体内でも微量ではあるが絶えず生産されており、白血球による殺菌作用に役立つ反面、DNAを損傷して癌 (がん) の発生に関与したり炎症の引き金になったりし、老化の原因物質ともなる。