• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

太陽型の恒星で見られる巨大なフレア。太陽で生じる最大級のフレアの100倍から1000倍の規模をもつものを指す。2012年、ケプラー宇宙望遠鏡により太陽型恒星で360例以上のスーパーフレアが見つかり、その統計的な解析が行われた。エネルギーが10倍になると、発生頻度は10分の1になること、自転周期が長いほど頻度が少ないこと、ホットジュピターが存在する恒星では発生がまれであることなどがわかった。