• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

惑星や衛星の大気大循環における、自転速度をはるかに上回る強風。1974年、NASA(米航空宇宙局)の金星探査機マリナー10号の観測により、金星上空の広範囲で吹く、自転速度の約60倍という毎秒100メートルの強風が確認された。同様の強風は土星の衛星タイタンでも見つかっている。平成22年(2010)に打ち上げられた日本の金星探査機あかつきは、金星大気内部の詳細な観測を通じて、この強風が生じるメカニズムの解明を目指している。超回転。