• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

複合鏡を採用する大型望遠鏡における、個々の小型の反射鏡。ケック望遠鏡VLT、2020年代の稼働を目指しているTMTなどで採用される。大口径の一枚鏡のすばる望遠鏡と異なり、製作が比較的容易なセグメント鏡を多数並べることで、実質的な集光力分解能の向上を図る。