• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

キク科の多年草。高さ30~50センチ。葉は細かく裂けた羽状複葉。花は小さく、穂状につく。つぼみを乾燥させたものをシナ花 (か) ともよび、サントニンを含むので回虫駆除薬に使う。名はシナの種子の意で、つぼみを種子と誤ったことによる。中央アジアのトルクメニスタン地方の原産。シナよもぎ。

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[医学/医学の言葉]カテゴリの言葉