1. いたずらに感傷におぼれる心理的傾向・態度。

  1. 18世紀後半のヨーロッパにおける文芸上の傾向。理性や意志よりも感情を重視して、詠嘆や悲嘆を強く表現したもの。感傷主義。

出典:青空文庫