• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

室内や音楽ホールなどの残響時間を求める経験的な式。音場の容積V立方メートル、表面積S平方メートル、壁の平均吸音率αの場合、残響時間Tはセービンの式、T=0.161V/Sαで表される。容積に比例し、吸音力に反比例する。19世紀末、米国の物理学者W=C=セービンにより導出された。セービンの残響式。サビネの式。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉