• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《不寛容・非寛容の意》

  1. 品質管理における理念の一。わずかな不具合も見逃さず、不良品を徹底的に排除すること。

  1. 教育理念の一。軽微な規律違反であっても寛容せず、厳しく罰することで、より重大な違反を未然に防ごうとするもの。1990年代、割れ窓理論に基づいて米国各地で導入され、後に日本にも広がった。