• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

イラン北西部、ザンザーン州東部にある都市遺跡。イル‐ハン国第8代君主オルジェイトゥによって建設され、首都が置かれた。14世紀初頭に築かれたオルジェイトゥの霊廟 (れいびょう) には、内部を青いタイルで装飾された高さ約50メートルのドームと8本の尖塔があり、その後のイスラム建築に多大な影響を与えたことで知られる。2005年に世界遺産(文化遺産)に登録された。ソルターニーエ。

[世界史/南アジア・西アジア・アフリカ史]カテゴリの言葉

[地理/外国地名/中央・西アジア・アフリカ]カテゴリの言葉