• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

パキスタン南東部、シンド州の古都。カラチの北東約110キロメートルインダス川のデルタ地帯に位置する。インダス川の流路が変わるまで水運の拠点として栄え、ムガル帝国第5代皇帝シャー=ジャハーンによるシャージャハーンモスクをはじめ、14世紀から16世紀にかけて、90ものイスラム寺院が建造された。また、近郊のマクリの丘には数十万から百万におよぶ墓が残っている。1981年に「タッターの文化財」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

[地理/外国地名/東南・南アジア]カテゴリの言葉