ポルトガル南部の都市。ジラオン川の河口に位置する。紀元前よりフェニキア人、ギリシャ人の港が置かれ、現在も古代ローマ時代に築かれた橋が残っている。イスラム支配時代の建物をポルトガル王ディニス1世が改築した城塞や、モスク跡に建てられたゴシック式のサンタマリア‐ド‐カステロ教会などがある。