• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

パキスタン北西部、カイバルパクトゥンクワ州にある仏教遺跡。ペシャワールの北西約80キロメートルの山地に位置する。古代ガンダーラ王国の僧院のほか、大小30もの仏塔や仏像を収めた祠堂があったと考えられている。出土したガンダーラ盛期の仏像や浮き彫りなどの多くは、ペシャワール博物館に収蔵。1980年に「タフティバヒーの仏教遺跡群とサリバロールの近隣都市遺跡群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。タフテバヒー。タフティバーイ。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉