• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

トルコ南部の都市。地中海から15キロメートル内陸に位置する。古くからトロス山脈を横断する通商路の要衝として知られ、古代ローマの属州キリキアの首都となった。キリスト教の使徒パウロの生地であり、パウロゆかりとされる井戸があるほか、古代ローマの軍人・政治家、マルクス=アントニウスがエジプトの女王クレオパトラを同地に招いた際に通った門が残っている。