• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ラオスの首都ビエンチャンにある仏教寺院。市街東部の小高い丘の上に位置し、高さ45メートルの黄金の大仏塔の周囲を小仏塔が囲む。16世紀、ランサン王朝第18代王セーターティラートの命により、クメール様式のかつての仏塔の廃墟に建造。19世紀にタイの侵攻を受けて破壊されたが、1930年代に再建。伝承によれば3世紀頃にインドから釈迦の胸骨がもたらされ、同寺院が建立されたという。同国のシンボルとして知られ、国章にも描かれる。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉