• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

積乱雲の下で強い下降気流が地面にぶつかり、水平に向きを変えて突風となる現象。急に発生して数分で消滅するが、離着陸時の航空機にとっては危険。水平に広がったときの直径が4キロメートル未満のものをマイクロバースト、それ以上のものをマクロバーストという。

[地学/気象]カテゴリの言葉