• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. インドおよびチベットの振鼓 (ふりつづみ) 。砂時計形の胴をもつ両面太鼓で、胴にひもを巻いてその先を垂らし、振ることによってひもの端の小球が膜面を打つ。→振鼓

  1. インド北部のカシミールやパキスタン東北部の旧フンザ王国などの片面鍋形太鼓。

[美術・音楽/楽器]カテゴリの言葉