• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Parque Nacional da Tijuca》ブラジル南東部の都市リオデジャネイロにある国立公園。市街南西部に位置し、コルコバードの丘を含む。サトウキビやコーヒーのプランテーションが広がっていたが、19世紀から都市部の水不足などが問題となって造林が進められ、1961年に国立公園となった。2012年に「リオデジャネイロ:山と海との間のカリオカ景観群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。