米国サウスカロライナ州南東部の港湾都市。クーパー川とアシュレー川が合流する河口に位置し、天然の良港に恵まれる。植民地時代から奴隷貿易の拠点として栄え、現在は軍港が置かれる。化学工業、鉄鋼業が盛ん。南北戦争の開戦地。
米国で始まったダンスの一。1923年、で黒人たちによって始められ、全世界に流行した。
米国ウエストバージニア州中西部の都市。同州の州都。アパラチア山脈西縁、オハイオ川の支流カノーア川とエルク川の合流点に位置する。19世紀に岩塩、石炭、天然ガスの採掘で発展。20世紀に合成ゴム、ガラスなどの製造業が盛んになった。チャールストン大学、ウエストバージニア大学付属病院が所在。