Jardin des Tuileries》フランス、パリのセーヌ川右岸、ルーブル宮殿からコンコルド広場まで続く公園。16世紀、ルーブル宮殿の西側にあったチュイルリー宮殿の庭園として造営され、17世紀にベルサイユ宮殿の設計で知られる造園家ル=ノートルにより現在のフランス式庭園になった。テュイルリー公園。