• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

イラン南西部にある古代エラム王国の遺跡。現在のフーゼスターン州の都市シューシュの南東約40キロメートルに位置する。紀元前13世紀、エラム王国のウンタッシュガル王が首都スーサの南方に建設した聖地。5層のジッグラトを中心に、神殿や王の墓があり、周囲を二重の城壁が囲んでいる。1935年、油田調査の際に偶然発見された。1979年、世界遺産(文化遺産)に登録。

[世界史/南アジア・西アジア・アフリカ史]カテゴリの言葉