• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Puru Tirtha Empul》インドネシア南部、バリ島中東部の町タンパクシリンの北郊にあるヒンズー教寺院。10世紀から14世紀頃のワルマデワ王朝時代の建造とされる。名称は「聖なる泉」を意味し、沐浴場があることで有名。ティルタエンプル寺院。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉