• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

運輸省(現国土交通省)の主導の下に、海上輸送の高速化をはかる目的で、平成元年(1989)から研究開発が進められてきた次世代超高速船。性能は速力50ノット(時速約93キロメートル)、貨物積載重量1000トン、航続距離500海里(約930キロメートル)を目標とし、実験船2隻、実用船1隻が建造された。実用船は平成18年(2006)頃に東京と小笠原諸島を結ぶ航路に就航する計画であったが、採算上の問題から中止された。TSL。