• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《焼いた土の意》

  1. 粘土を素焼きにして作った器物・塑像 (そぞう) などの総称。先史時代から各地で見られ、古代ギリシャのタナグラ人形ルネサンス期にドイツ・イタリアで作られた胸像などが有名。日本の埴輪 (はにわ) もこの一種。

  1. 建築材料で、装飾に用いる素焼きの陶器。

出典:gooニュース