• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

エジプト、ナイル川中流東岸にある遺跡。古代エジプト新王国第18王朝アメンホテプ4世(イクナートン)が王都をテーベから同地に移し、太陽神アトンを唯一神とする都アケトアテンとして建設。アトン信仰はアメンホテプ4世の代で終わるまで約10年間続いた。神殿や王宮の遺構、王や高官の墓などがある。また、世界最古の外交文書といわれる大量の粘土板、アマルナ文書が発見されたことで知られる。エル‐アマルナ。アマルナ。