• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Deer Cave》マレーシア、ボルネオ島北西部、サラワク州のグヌンムル国立公園にある洞窟。高さ150メートル、幅120メートルという世界最大の洞口をもつ。数百万匹のコウモリが生息し、夕方に獲物を求めて一斉に飛び立つ様子を見ることができる。名称は、かつてコウモリの糞が混じったミネラルを含む洞窟の水を、シカが飲みに来たことにちなむ。

[地理/外国地名/東南・南アジア]カテゴリの言葉