• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ウズベキスタン西部、ホラズム州の都市ヒバの旧市街。ヒバの町は二重の城壁で囲まれており、ディシャンカラは、全長約6キロメートルの外側の城壁内を指し、外城とも呼ばれる。中世以来、庶民の生活の場となった。一方、内側の城壁内のイチャンカラには、ハンの宮殿のほか、数多くのモスク、霊廟、神学校などが建てられた。

[地理/外国地名/中央・西アジア・アフリカ]カテゴリの言葉