トルコ中東部の町。アナトリア高原東部の都市シバスの南東約180キロメートルの山間に位置する。周辺には鉱山が多く、製鉄所がある。東ローマ帝国時代はテフリケと呼ばれ、12世紀にメンギュジュク朝の都となった。13世紀にスルターンのアフメット=シャーが建造したウルモスクと施療院は、1985年に世界遺産に登録された。

[地理/外国地名/中央・西アジア・アフリカ]カテゴリの言葉

出典:青空文庫