ディーゼルが発明した内燃機関。シリンダー内に空気を吸入、圧縮して高温とし、重油軽油を噴射して着火・燃焼させてピストンを動かすもの。熱効率がよく、船舶・航空機・車両などに広く使用。ディーゼルエンジン。