• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

米国の彗星探査機。2005年1月に打ち上げられ、同年7月にテンペル第1彗星に重さ約370キログラムの衝突体を撃ち込んだ。その際、探査機に搭載した各種カメラのほか、ハッブル宇宙望遠鏡、スピッツァー宇宙望遠鏡、地上の望遠鏡により衝突の様子が観測された。計画当初の役割を終え、2007年にエポキシに改称。引き続き系外惑星と彗星の観測を行う。

出典:gooニュース