• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ディラック量子力学において導入した関数。通常、δ(x)と記述され、δ(x)=0(x≠0)かつδ(0)=∞であり、xの全直線上での定積分が1となる性質をもつ。その有用性から便宜的に用いられていたが、のちにシュワルツが超関数として数学的に厳密な定義づけをした。

[補説]工学分野では、単位インパルス関数・インパルス関数・衝撃関数とよばれる。