• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ウズベキスタン西部、カラカルパクスタン共和国にある都城遺跡。キジルクム砂漠の縁に位置する都城の一つ。紀元前1世紀から紀元後5世紀頃のものとされ、バクトリア美術の影響を受けた古代ホラズム美術の壁画などが見つかっている。宮殿、広場、ゾロアスター教の宮殿のほか、市民の住居の遺構がある。

[地理/外国地名/中央・西アジア・アフリカ]カテゴリの言葉