• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

東京大学木曽観測所の、口径105センチメートルのシュミットカメラに装備された観測装置。84台のCMOSイメージセンサーで構成され、合計1億9000万画素の広視野の動画を撮影できる。掃天観測を繰り返して機械学習によるデータ解析を行い、1秒から1時間程度という短いタイムスケールで変動する天体現象を捉えることを目的とする。名称は、平安時代に信濃国で生まれたという女武将の巴御前に由来する。

[地学/宇宙・天文]カテゴリの言葉