• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

メキシコ中東部、プエブラ州の都市プエブラにある遺跡。日干し煉瓦でできた底辺の一辺が450メートル、高さ50メートルを超える世界最大規模の階段状のピラミッドで、内部には羽根をもつ蛇の神ケツァルコアトルの壁画が残っている。スペインによる征服後、頂上にロスレメディオス教会が建てられた。

[世界史/ヨーロッパ・南北米史]カテゴリの言葉