《深い溝の意》

  1. 塹壕 (ざんごう) 

  1. 掘り割り

  1. 海溝

  1. 考古学で、細長い発掘溝のこと。その部分の発掘から遺跡全体の状況を探る。必要に応じて横方向に拡張し、また、二つの遺構の関連を知るために両者間にも設ける。

  1. 地質学において、過去の活断層液状化を調べるために掘られる溝。一般的には深さ数メートル、長さ十数メートル程度。断層や地震の活動状況や年代決定を調査し、原子力発電所などの立地の安全性の確認に利用される。