• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《死の十字架の意》重症の感染症などの末期に、体温の下降と脈拍数の増加を生じ、体温曲線と脈拍曲線が交差すること。