• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Mănăstirea Dragomirna》ルーマニア北東部の村ドラゴミルナにある修道院。スチャバの北西約15キロメートルに位置する。17世紀初頭、モルドバ公国の高官ルカ=ストロイチの支援により創設。ブコビナ地方南部の教会建築の中でも独特な非常に細長い平面構成をもち、高さ42メートルの塔がある。正面部分は黄色い砂岩で作られ、内側の一部にキリストの磔刑 (たっけい) をはじめとするフレスコ画が残っている。