• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

我々の銀河系内に地球外文明がどれくらい存在するかを求める式。地球外文明の数をNとすると、N=R・fp・ne・fl・fi・fc・Lという各因子の積で表される。ここで、Rは恒星の発生率、fpは惑星系を有する恒星の割合、neは生命の存在に適した環境がある惑星の数、flは生命が発生する確率、fiはその生命が知的生物に進化する確率、fcはその知的生物が他の星と通信を行う確率、Lは通信を行うような文明の存続期間である。1961年に米国の天文学者フランク=ドレークが考案。ドレーク自身が各因子について妥当と思われる値を代入したときは、N=10となった。ドレークの式。

[地学/宇宙・天文]カテゴリの言葉