• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

第四紀更新世後期に栄えたゾウの一種。中国から日本にかけての温帯地域に生息し、化石が日本各地から発見される。肩高約3メートル、牙は長さ約2メートルで湾曲し、前肢が太い。名はE=ナウマンにちなむ。

[生物/動物名]カテゴリの言葉

[地学/地学の言葉]カテゴリの言葉