• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Nataraja Temple》インド南部、タミルナドゥ州の町チダムバラムにあるヒンズー教寺院。チョーラ朝時代の12世紀に建立。踊るシバ神を祭る。ドラビダ様式の寺院であり、東西南北の四つのゴープラム(塔門)のうち、南門が最も高い(約50メートル)。黄金の屋根をもつ本堂と沐浴のための池がある。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉