• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

直径が10億分の1メートル程度(ナノメートル程度)の管状の物質の総称。代表的なナノチューブとして、炭素原子が六角形の格子状に並んだ表面構造をとるカーボンナノチューブが知られ、単にナノチューブというとカーボンナノチューブを指すことが多い。炭素以外では、ケイ素(Si)や窒化ホウ素(BN)のナノチューブが発見されている。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉