• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

リビア西部の都市。ナフサ山地の西端、チュニジアとの国境近くに位置する。旧市街にはベルベル人の住居跡や、カスル(城)とよばれる日干し煉瓦 (れんが) 造りの多層食料貯蔵庫がある。ナルート。

[地理/外国地名/中央・西アジア・アフリカ]カテゴリの言葉