• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ラオス南部の町チャンパーサックの南西郊にある遺跡。9世紀から13世紀にかけて栄えたクメール王朝時代の寺院と考えられ、城壁や参道が残っている。ワットプーやチャンパーサック王国時代の寺院群とともに、2001年に世界遺産(文化遺産)に登録された。

[世界史/東アジア・東南アジア史]カテゴリの言葉