[名・形動]

  1. 西洋建築で、厚みのある壁をえぐって作ったくぼみ部分。彫像や花瓶などを置く。壁龕 (へきがん) 。

  1. ある生物が生態系の中で占める位置。生態的地位。ニッチェ。

  1. 橋・トンネルなどのわきに設けられる非常用の退避空間。

  1. 《すきまの意》市場で、大企業が進出しない小規模な分野。また一般に、普通には気づきにくいところ。「ニッチ産業」「ニッチな趣味」

[生物/生物学の言葉]カテゴリの言葉

出典:gooニュース